氷で冷やしても、周りは濡れず、あったかい飲み物も保温性十分なTHERMOSマグカップを買いました

[`evernote` not found]

みなさん、おはようございます。
Hiloyan(@HiloyanHiloker)です。

THERMOSマグカップ

会社で今まで使っていたマグカップの部品(ふた)がなくなってしまいました。
私のお気に入りだったのですが、重心の高いカップだったこともありひっくり返ると机の上が大惨事になることから、新しいマグカップに買い替えることにしました。

さらに、家では、車のディーラーさんからもらったマグカップがあったのですが、氷入りの飲み物を入れると周りが濡れてしまい、使いにくかったので、いっそのこと2個買ってしまいました。

白地に青のオーソドックスで飽きないデザイン

を購入しました。いろいろなメーカーのものがあったのですが、何となくマグカップな感じのデザイン(実際、マグカップなのですが・・)にひかれて買ってしまった感じです。ちなみに、下の商品写真の手前にあるのがクマなんだそうです。他にも蝶、ウサギ、鹿などが描かれていて、飽きの来ないデザインと思っています。

届いた箱の裏を見るとこんな感じです。使い方がとてもわかりやすく書いてあります。

まずは冷たい飲み物を入れてみた

このTHERMOSマグカップに冷たい飲み物(アイスコーヒー)を実際に入れてみて、1時間ほどほっておいて見ることにしました。

とりあえず、アイスコーヒーに氷を入れてみました。まだ氷が大きいので2つしか見えていません。ふたにコーヒーが付いているのは、氷をいれて蓋をしてから運んで写真を撮っているからです。当然冷たい状態です。

これが一時間後の写真です。氷が小さくなっているので、3つ、下に4つ目の氷が見え始めています。まだまだ冷え冷えの状態でおいしくいただけます。カップの外側は常温で、水滴などは全くついていません。保温性はさすがにTHERMOSブランドです。

蓋をして1時間静かにおいていたので、裏側のコーヒーはほとんどついていません。

実は、両方の写真があまりにも似ていたので、時系列でどっちが先かわからずちょっと混乱しました。

次にあったかい飲み物を入れてみた

ここまで実験してきづいたのが、そもそも10月にも入って冷たい飲み物の保存性能を確かめるなんてどうよ?ってことでした(爆)

ということで、家のコーヒーメーカーでコーヒーを入れてみて保温性を見ることにしました。温度計を持っていないので、体感的な表現になるのはご容赦ください。

上が180ccのコーヒーを注いだばかりの写真です。コーヒー自体が沸騰しているわけではないので、湯気などが出てません(笑)

蓋をして1時間程度置いてみましたが、十分に暖かい状態でいただけます。またカップの外側はほとんど常温で触っても熱くなっていません。

飲みやすさに優れた飲み口

このカップのすごく優秀なところはこの飲み口にあると思います。

私だけなのかもしれませんが、カフェやコンビニのカップの場合、蓋の口のところをあけて飲もうとすると、熱いコーヒーが一度に出てきて熱い思いをすることがあります。ところがTHERMOSのこのカップは、飲み口を開けるとその下に口をつけるようになっています。かつ開口部が大きいので、普通の蓋なしのコーヒーカップでコーヒーを飲む感覚に近いので、熱い思いをしないで飲むことができます。

私がドジなだけかもしれないので、これが長所なのかがわかりませんが、カフェやコンビニのカップと比べると飲み口の作りは非常に良くできているように感じました。
コスト的に当たり前といえばそれまでなのですが・・。

下の写真の蓋を持ち上げたところに飲み口が来ます。カップをではなく、蓋部分に口をつける場所があるので、安定感があるのがわかるでしょうか。

ちなみに女性向けの説明として口紅が付くところがちょうどカバーで隠れるのもウリになっているみたいです。

こんな感じで今回買ってみたTHERMOSの真空断熱マグカップは、初回使った感じとしては使い勝手のいい製品を買うことができてよかったと思いました。

これからコーヒーや紅茶などをおいしく飲むことができそうです。

Comments are closed.