光量充分、コンパクトで持ち歩きたくなるライト(GENTOS 閃325)

[`evernote` not found]

夜自転車の画像

みなさん、こんばんは。Hiloyan(@HiloyanHiloker)です。

今日は、自転車のライトで便利な一品を買ってきましたが、かなり使えるので、紹介しようと思います。

自転車のライトって点滅するだけのばっかりで不便でした

自転車・・・といっても、スポーツタイプの自転車には、なかなか明るいライトがなく、不便な思いをしていました。自転車屋さんで、ダイナモ(発電機)つきのライトを買ってみたんですけど、いざとりつけようとしたらつかない・・・(笑)

で、いろいろ探すんですけど、見つかるのがそんなに明るくなくって点滅したりするようなものばかり。前を照らすようなライトを見つけることができませんでした。お店の人に聞くと「相手に認知してもらうことが主目的で、道路を照らすようなライトはありませんね~。」と言われてしまい、ほんとかいな?なんて思っていました。

ちなみに私の自転車は、ランドナーというカテゴリになりこんな感じです。

Pic_20140831_017

また、ライトをつけると盗まれてしまわないかというのもちょっと不安なところがあり、いいのがないかなぁ~って探していました。

そこでみつけたのが・・・。

Amazonさんのホームページでたまたま見ていて見つけたのがGENTOS 閃325という製品です。

このライト、単4電池を3本使ってライトをつけることが出来ます。重さは100グラムちょっとでしょうか。手に収まる程度の大きさです。

Pic_20140831_001

開封するとこんな感じです。この黒い部分に単4電池をセットし、ふたをします。スイッチは、一番右のふたの部分についている、オレンジの大きなボタンです。

Pic_20140831_005

あかるさなんですけど、どう表現したらいいでしょうか。直接目で覗こうなんて冗談でも思わない位の眩しさです。ちょっと部屋の壁に2mくらい離れたところから照らしたものを写真で撮ってみました。部屋自体は蛍光灯の明かりで十分に明るいのですが、それ以上に明るいことが分かるでしょうか・・。

Pic_20141026_001_102614_013154_AM

これをバンドで自転車のハンドルに固定します。取り外しが楽になるようにこんなのを買いました。

これは、マジックテープで固定するので、結構簡単に取り付けることも外すこともできます。

取り外して使っていると、便利なのが、夜道で歩いているときでも懐中電灯として、必要十分に使えるところです。さっき話していたコンパクトさから、会社のかばんの中にいつもいれているんですけど、セカンドでもなんでも個の大きさなら邪魔にならないし、結構な明るさがあるので、便利ですね。

携帯電話のフラッシュのライトなんかで暗いところを照らすなんてしてたのがばかばかしいくらいです。

これで、夜の自転車走行でも前の視界を確保することが出来るようになり、また、歩行者にも自分の存在を明かりで照らすことによって示すことが出来るので、だいぶ安心感が出ました。

電池も単4電池というのはけっこう便利。今まで使っていたのはボタン電池だったんですけど、単4だと、エネループのような充電できるタイプの電池を使うことができます。電池のごみって結構処分方法を選ぶので、繰り返し使えるのは頻度が減るため、これだけでも非常に助かります。

夜、自転車に乗るのって結構危険が伴うもの。これのおかげでだいぶ満足いくレベルの照明をできる明かりを手に入れることが出来ました。

LEDなので、長持ち&10時間使えるのもだいぶ助かります。

よろしければ使ってみてはいかがでしょうか。

Comments are closed.