Asterisk Nowをセットアップしてみる(4) FreePBXの日本語化

[`evernote` not found]

電話機(公衆電話)

おはようございます。Hiloyanです。

今日は、いよいよAsterisk NowのFreePBXの設定に入っていきます。

今回は、英語になっているFreePBXのメッセージを日本語にします。

FreePBXの画面にログインする

(1)最初にhttp://(Asterisk + FreePBXのアドレス)とすると、下記画面が表示されます。

そこで、最初に作成するユーザを設定します。ここでは、管理ユーザを作ります。

Username:admin(管理者ユーザ名、別にrootやAdministrator、個人名でも大丈夫です。)

Password:(管理者パスワード)
Confirm Password:(管理者パスワードの確認)

Admin Email address:(管理者ユーザのメールアドレス)
Confirm Email address:(管理者ユーザメールアドレスの確認)

これらを設定したら、「Setup my Account」を押します。

WS000000_033114_021344_AM

(2)つづいて、FreePBX Administrationを選択します。

WS000001_033114_021935_AM

(3)Loginダイアログが表示されるので、ユーザ名、パスワードを入力、「Continue」ボタンを押します。

WS000002_033114_022004_AM

(4)FreePBXのモジュールの最新化を行います。最初の画面が表示されるので、上部のメニューから「Admin」-「Module Admin」を選択します。

WS000003_033114_022152_AM

(5)「Check Online」を選択し、アップデート可能なモジュールを表示します。

WS000004_033114_022454_AM

(6)「Upgrade All」を選択します。

WS000005_033114_022628_AM

(7)最新化が可能なモジュールの、選択が行われたので「Process」を押し、ダウンロード+適用を行います。

WS000006_033114_022858_AM

(8)対象モジュールがリストアップされ、確認が求められているので「Confirm」を押します。

WS000007_033114_023027_AM

(9)最新モジュールのダウンロード&インストールが進められます。結構待ちます。

WS000008_033114_023148_AM

(10)完了すると「Return」のリンクが出てくるので、これをクリックするとモジュールの最新化が終わります。

WS000009_033114_023304_AM

(11)引き続いて日本語化を行います。「PBX Licalization Update」のリンクを選択すると、下記画面になるので、「Download and Install」を選択します。その後、「Process」を押します。

WS000010_033114_023726_AM

(12)選択したモジュールの適用確認が表示されるので、「Confirm」を押します。

WS000011_033114_023813_AM

(13)「Returm」のリンクが表示されるのでこれをクリックします。

WS000012_033114_023912_AM

(14)画面の上に赤で「Apply Config」と表示されているので、これをクリックします。

WS000013_033114_024038_AM

(15)画面上部から「Settings」-「Advanced Settings」を選択します。

WS000014_033114_024148_AM

(16)画面上の「GUI Behavior」の中にある「Show Language setting」を「True」に変更し、適用のチェック(レ}を押します。

WS000015_033114_024325_AM

(17)「Reports」-「FreePBX System Status」を選択します。

WS000017_033114_024735_AM

(18)画面上部右側に「Language」メニューが表示されます。

WS000016_033114_024525_AM

(19)このメニューを開くと・・・一番下に「Japanese」があるのでこれを選択します。

WS000018_033114_024854_AM

(20)日本語に表示が切り替わりました。

WS000019_033114_024950_AM

ということで、FreePBXも日本語表示になりました。

次回は内線の登録と行きたいのですがその前にIP電話ソフトのインストールをしてみたいと思います。

ではまた今度!!

(参考)

株式会社クルーグ | プレスリリース/メディア掲載

Comments are closed.